店長ブログ

"魂の絵画師 映理"の記事

みなさまの気晴らしってどんなんですか?

Post in in その他, 店長うんちく, 魂の絵画師 映理

 

お詰まりえりさんです(-.-)

 

みなさまとお会いできない時はおやつ食べたり

 

事務お仕事したりしています。

 

 

そんな中、苦手だからと諦めていたPCやらSNSやらを

活用した作業に挑戦し始めました。

 

 

当然のごとく、あっという間に詰まるんですよねw

 

うぅぅぅぅぅって(笑)

 

 

でもね、その詰まりを突破できたときの

歓びっって、楽しいですねぇ(;^ω^)

 

で、思いますね。

 

気晴らしや、息抜きって本当に大切だなと。

 

その、休憩時間をどれだけ有効に活用するかで

 

また、はかどるし、集中できる。

 

 

みなさんはどんな気晴らし方法や

 

息抜き方法なさってるのですかー?

 

 

お顔そりも、息抜きの一つにしてもらえるように

 

私も、心地よく毎日を過ごします♪

 

 

今日の気晴らし息抜きはお絵描きしました。

塗り絵はお家に帰ってからちびちび楽しみます。

 

 

梅雨でね、気分もコロコロしますけど

楽しみましょうね♡

店長 映理

 

 

 

ライオンイラスト

よく見ると、ひっどい絵でしょ(‘◇’)ゞ

 

私が描く絵、自分で描いてるんだけど

ほんと、大好きなんですよね。

誰にどう、云われても、サイコーー!!

って自画自賛できる。

不思議。。。

 

 

 

魂の絵にご感想いただけました。

Post in in 魂の絵画師 映理

今日は魂の絵師映理のお話しです。

 

なんにでも「魂」が宿ってるって感じてます。

 

「生命の息吹」です。

 

風にも海にも山にもパソコンにすら

息吹があったりするって感じてます。

 

写真からでも生命の息吹を感じて

感動する時が沢山あります。

 

感動すると描きたくなるので描いてます。

 

この狼くんも私の魂を捕えてくれたので

描いてみました。

魂絵師おおかみ

 

かっこいいでしょっ♡

 

 

魂の絵師のお仕事もしています。

 

今回ご依頼いただいたのは

お友達にプレゼントしたいんです。

少しでも元気になってもらいたくて・・

えりさん、描いていただけますか?と

1年前にお空に還ったわんちゃんの

びーちゃんでした。

 

こんな可愛い写真が届きました。

魂の絵師びーちゃん

もふもふ~♡

 

私はこの写真のびーちゃんの絵を描かせてもらい

そのびーちゃん絵に魂の息吹をいれます。

 

その作品がこちら

魂の絵師映理びーちゃん。

小さいサイズでとのご依頼でしたので

出来る限り小さくしてみました。

(はがきサイズです)

 

描かせてもらってる時

私はというと、

楽しみながら・途中唸りながら

びーちゃんとお話しさせてもらえるんです。

 

だからね、ほんと、かわいいの!

へぇーー!!そうだったんだねぇ!!

あらぁーーー!!わぁーー!きゃぁーー!!

 

って、写真のイメージとは違うびーちゃんに

会えたりできるのでとても楽しいんです。

 

そして、絵ってむずかしいですよ。

好みがめっちゃ分かれるから。

しかも魂入れるって・・はっ???ってなりそうじゃん。

でも、見る人が見れば感じられる。

絵って誰が何をどう思って感じても自由。

なので私も自分の自由に感じるままに

動くままに描いています。

誰かの何かの評価を気にしていたら

全く描けなくなります。

 

 

けど、プレゼントだもん。

依頼して下さった方は私の絵の魅力を気に入ってくれても

受け取った側はどんな気持ちになるのかは、

正直わからないんですよね。

けどね、

そんなこたぁ、考える必要もないんですよ。

 

人が人に元気になってもらいたい。

って、その気持ちを私は好きで大切にしてる。

 

素晴らしいこの循環が感動なんですよね。

 

そしてご依頼いただいた方より

こんなうれしい感想をいただくことができました。

 

 

魂の絵師えりさん!

 

ありがとう~~💛

彼の車仲間のご夫妻の愛犬ぴーちゃんの絵を描いてくれて。

 

亡くなって一年経つのに、

泣かない日は無いくらい毎日泣いているご夫妻。

 

さぞかしビーちゃんも心配しているだろうと。

 

えりさんに頼んで描いてもらってね、

描いてもらったはいいけれど、、

 

「なんか寂しそうだよ・・・」ってえりさんに言われて

 

「そうだよなー。

あんなに毎日泣いているパパとママをみてたら

ビーちゃん、寂しいよなー。。。」って。

 

 

まず、お仲間のご夫妻に説明抜きでビーちゃん絵を見せたら

 

「いやーーーーーーーーー!なんかさー。魂入ってる?」

 

「生きてるよね。。。スゴイネー。コリャー喜ぶでしょう💛」

 

「すごいね。いいことだね。感激するね。」

 

「みんながよろこぶねー。私の楽しみだねーー。」

って。

 

そしていよいビーちゃんママに渡して、

見た途端!!

 

豪雨の涙!!!!!

 

「ビーだ!!!!」

 

って言いながら、

 

ありがとう。

 

ありがとう。

 

って、何度も何度もお礼を言ってくださって。。。

 

私はただ、ご夫妻に元気になってもらいたくて。

 

その後、帰宅して

「飾ったよー!」って写真を送ってもらったら

 

瞳から寂しい光が消えていて!

 

えりさんの絵は本当にすごい!!!

 

残された人の心が癒されると

亡くなった犬の方も成仏できる。

 

一部始終を見ていた彼は

どの場面でも泣いていました!

 

こんなに愛されるビーちゃんの存在もすごいんだなー。

 

えりさんに描いてもらって本当に良かったー。

 

亡くなったと知った時にすぐに描いてもらいたい!って

思っていたけど、実現できて本当に嬉しい。

 

えりさんありがと~~💛

 

えーーん。。

びーちゃん。よかったぁ。

ご夫妻もよかったぁ。

依頼してくださった方も

ほんと、素敵な愛の表現で。

 

いのちって、一言ではいえないですけど

ことばにならないほどの

魂のゆらぎがあるんですね。

 

すべてが輝いているように感じます。

すべてのすべてがです。

なので、なにもかにも

そのままでいいのだよね。

と、教えてもらえました。

 

びーちゃん。

ありがと。

 

魂の絵師映理

 

 

動物の命からも多くの事を体感をさせてもらえる。

動物って、ただ、ただ、その時を生きていますよね。

その今にいるエネルギーって

すごく大きい強いんですよね。

だから癒される。

 

わたしらも、そろそろ

まんまの今このまんま、を

生ききっていいのかもかなーって

感じ始めてるえりどぇーーす(‘◇’)ゞ

 

 

真っ白い紙に何か描く恐怖心。

Post in in 魂の絵画師 映理

えりさん絵描きました。

 

で、楽しくなって褒めてもらいたいので

大好きなお友達にラインして観てもらいました。

 

で、褒めてもらってご満悦してたんですけどね

こんな話になったんです。

お友達が

 

「私の描く絵はやばい、線が歪む」

 

ってゆうんです。

で、思い出したんです。

 

私も絵は下手くそを超えて、お友達同様ヤバいっす。

今度見せます。まじですから。

 

で思い出したんです。

 

小さい時から絵が好きでした。

 

自分でも描いてみたくて画用紙を用意しました。

 

描いてみました。

 

とても、みれる絵ではなく

 

それはそれは、私がみたかった絵ではなく

醜い絵でした。

それはそれは、恐怖さえ感じるほどでした。

 

それ以来、白い画用紙に絵を描けなくなりました。

 

文字でさえ、書くのが嫌になりました。

 

 

紙って、ぬくもりがあるんですよね。

 

その真っ白い紙の上に線を引いたり、色をのせたり。

 

してみたくてもできないんです。

 

手が震えるんです。

恐怖心まで感じるんです。

 

 

してみたら、してみただけ、自分が哀れに思えるんです。

 

自分は何かを生み出したらいけない。

 

って、小さな私はそう、感じてしまったんですよね。

 

白い紙に自分の思う絵を描くなんて、できっこない。

 

って、ずっと、思ってたんですよ。

 

んでね、お友達とお喋りしてて

気が付かせてもらえたんです。

絵だけでなくてさぁ!!

 

 

これって、私の生き様と同じだった。

 

がががぁーーーーーーん!!!

 

って、、、、、

 

 

 

夢なんて語ってはいかん。

どうせ、醜いだろう。

自分には無理です。

他人は素敵な線を引いて色を塗ってる。

それは素敵な作品。

でも、私はできない。

なんせ、醜いんだよ。

作ったってひどいもんだ。

 

 

って、やってたんですよね。

 

 

そんな私がある日、

どんな絵になったっていいじゃない。

描きたいんだもん。

描いてみよ。

 

って、描いてみたら

赤ちゃんの時愛された満たされ感がよみがえり

自分の中が愛で一杯になったんです。

 

それから、どんなにへたっぴだろうが

自由に描くようになりました。

 

 

今日の作品です

えり絵画師くちばし

 

くちばしが異様に大きいです。

でも、描いたらこうなっちゃったんです。

 

それでいいんです。

 

愛おしいじゃないですか。

 

 

何をそんなに怖がっていたのでしょうか。

 

白い紙が理想の姿にならなくても

それでいいじゃないの。

 

って、やっと思える今日この頃。

 

 

みなさんが私に沢山の笑顔や涙をみせてくださる

おかげで、

 

今の私がいます。

 

 

いつも、ありがとうございます。

 

 

きょうは魂の絵画師 映理より。