店長ブログ

"店長たかぎえりとは。"の記事

完全なる店長の独り言。けど聞いて欲しい事。

Post in in 店長うんちく, 店長たかぎえりとは。

 

私ね、夜はすぐ寝れますし、朝は毎日寝坊。

 

30代の頃に比べたら寝すぎるのが身体に合わなくなってきてはいますが

 

良く睡眠はとれてると自覚していたんですよね。

 

 

けどね、どうやら違ったらしくて。

 

 

すてきな鍼灸の先生に出逢えて

メンテナンスしてもらいに通っているのですが

 

先生曰く、私は寝ている間も緊張状態でいるって。

 

これ、驚いたんですよ。

 

だってさ、ぐっすり休んでると思い込んでいたから。。

 

 

で、鍼灸してもらって、身体がゆるんでくると

 

あや??これが、リラックス状態????

 

って、今までにないゆるり感を体感する事になるんですが

 

そのゆらりと緩みを体感すると

 

あぁ!!確かに!!

寝ててもどこか、考え事したりしてたな。って

気が付くんですよね。

 

 

で!!

お客様も、ベットに横になっていただいて

 

深い呼吸でリラックスしていただくことで

 

お顔そり、お肌育ての効果も高まるんですが

 

それね、ゆったりしてくだされる方と

そうでない方といらっしゃるんですよ。

 

で、前回はゆっくりお休みしてくださってたのに

 

今回は、お休みできてない様子だな。とか。

 

ある。

 

 

そら、生き物の生ものの女子だから

 

そんなこたぁ絶対にある。

 

で、思う。

 

 

私は小さな頃から自分の価値を低く感じて

自分を責め続けてきた人間です。

 

感受性が豊か。って事が苦しくて

感情ってものは、無くすべきだとさへ思ったほど。

感じるからいけないんだ。と感じることを止めた時期もあった。

 

そうやって自分を無視し続けてきた結果

思考や知恵や社会的ってものに

人の意見をきいて、って、やってきました。

 

自分を苦しめたくないから

人にいじわるして、優位に立った気になっていた

時期もありました。

 

人を裁いて自分を安心させたりも、しました。

 

それらの事は、いまだに顔を出すこともあります。

 

まぁ、そんな時ばかりかもです。

 

けども、今朝、歩いていた時に

ふとね。

 

ん???

 

さみしかったし、自分はダメって孤独感あったのって

 

あんなにくるしくてつらいと思っていたのって

 

あや???

 

勘違いでない???

 

 

ほんきで、さみしかった???

 

さみしいって、信じ込んでただけ?????

 

と、不思議な感覚に陥ったんです。

 

でね、それらが、ほんとかうそかとか

 

そんなもん、どうでもよいんです。

 

ジャッジでなくて

 

その今までにない不思議な感覚がオモロでね

 

 

そうおもったら、んじゃさ、

 

太るのが嫌で、食べるの制限しないと!とか

 

運動やだもん、あー朝ごはん抜かしてがんばるかー

 

とか、やるじゃん?

 

でも、本当はさ、食べたいわけよ。

 

みっともない身体になると恥ずかしい。。とか思うじゃん。

 

でもさ、みっともない身体ってなんなん???

 

それ、みっともないって決めたのあたち、なんなん??

 

次の瞬間、この命が終わったとしたら

 

後悔するよな。

 

この肉体がある限りさ、

 

なになになに???

 

どうして自分の事、無視し続けて

 

社会のなんかになろうとする??

 

あーーーーーわからーーーーーん

 

うけるーーーーーーーー

 

わからんけどウケるーーーーーーーー(爆笑)

 

ってなった。

 

人間値の自分の思考にウケた。

 

自分のアホさにウケたのよ。

 

 

46歳になってもさ、思春期みたいな悩みもってんの。私。

 

それ、恥ずかしい事だって、思ってたから隠してた。

 

けどね、あたし、こんなんですよ。

 

 

そのさ、46歳になってもとかって

制限つけてさ、自分をダメダメやるわけよ。

 

恋愛だってそう。

 

 

1人の人を愛し続けるのが正論!

 

みたいな、あるでしょ?

 

私は一人びっちり愛す派だけどさ、

 

そうじゃない場合も起こる訳よ。

 

そんな自分をさ、、あの人とのことは諦めないと。とか

 

やるでしょ?

 

だって、一人を愛するが正解!って教わってるから。

 

とか、両想いになれないならあきらめろとか、ある。

 

へ???

 

どうしてだ???

 

いいじゃろ。

 

3人を愛しても。

 

カタチ的には恋人同士みたいになってなくても

好きでいても。

 

自分の気持ちをごまかして

 

大多数の意見?を基準にものごと測るから

 

苦しみが生まれるだけ。

 

 

大多数に理解してもらおうと思うときつい。

 

 

そうよ、この私のブログだって同じ。

 

こんなこと書いたら、お客様減るよ。と

コンサルの方はおっしゃるです。

 

はい。その可能性は高いと思います。

 

けどさ、嘘ついて、表っ面だけで

 

カミソリもってる女。

 

私は、そんな人に自分の肌を預けられないです。

 

私はね。私はですよ。

 

で、鍼灸の先生もそうなんですが、

 

痛みを知ってる。もうね、めっちゃ、知ってる。

 

で、それを、わざわざ言わない。

でも、少しでも話してくださることで、

私はその先生の事を知れる。

 

するとさ、私は安心できるんです。

 

だから、その人を知りたい。

 

自分の身体を委ねるんですよ。

 

だからこそ、その人を知りたくなる。

 

痛みを知ってるのが美徳とかでなくて

 

どんなんでも自分と向き合っている人に

 

私は惹かれます。

 

そしてね、思い込みの勘違いの社会と

 

それに反してしまっている自分との

 

ハザマでも

 

うぅぅーーいいながらでも

 

自分を見てる人の

 

お肌って、

 

おーーーーい(笑)(笑)

 

輝いてるぢやーーーーん( *´艸`)

 

オモロだわ。

 

 

私もね、

皆に称賛してもらえる店つくりをして

ごまかして人気になって、

繁盛店にしたい気もするんですよ。

だって、沢山お金使いたいもん(笑)

 

 

けど、私にはそれ、できそうもないです。

 

 

お客様、減ってしまうかもしれないし

 

こんな人に顔そりしてもらいたくないわー

引くわーー

って、

お客様、逃してしまったとしても、

 

私ね、自分を大切にしてみたいんです。

 

そしたらさ、ほんの少しかもしれないけど

 

私みたいな人、いるかも。

 

いろんな痛み抱えて、ちいさくなってる人と

 

笑えるかもしれん。

 

 

 

けど、怖いな。

 

生活できなくなるかもしれないって

 

怖いんだね。

 

 

その恐れもさ、怖さもさ、

 

幻でありますよに・・・( *´艸`)

 

 

 

きのこはえたー

すごくない??

 

どっからこのキノコ菌???

 

どれも、生きようとしてますね。

 

 

 

一番の応援者でいてあげたい。

Post in in えっちゃんメソッド, 動画, 店長うんちく, 店長たかぎえりとは。

 

ずっと、ずぅーーーっと、悩んで苦しんでました。

 

自分で自分を傷み続けている事を。

 

だからこそ、他人をも傷み綴けてしまっていた事を。

 

 

自分で自分がわからない。

 

自分で自分がわかると思い込んでいるから

他人の目が気になっていた。

 

楽しみたい!

 

笑いたい!

 

幸せ感じたい!

 

みんなで笑いたいはずなのに。。

 

なのに、ずっと苦しかった。

 

で、嫌になった。

 

どうにかならないかと、思い立ったのが

 

「自分で自分の姿をそのまんま見ればよい」

 

見てみよう。と始めたのが

 

自分写真の進化版

 

「自分動画」だった。

 

こちらです。

自分動画してみよ

これ、云うても、自分の中で限界超えちゃってるんですよw

 

でね、やってみたら、面白いの。

 

お勧めです。

本当に、お勧めです。

 

しつこく何度でもお伝えします。

だってさ、自分で自分の味方になれるしね

 

自分で自分の応援者に勝手になれる。

 

 

娘の進路説明会に行ったら衝撃うけたお話し

今日はアップ挑戦してみます。

 

もう一人の自分が言うよね

「そんなあんたの話なんて誰が聞くのよ?

興味ないし、馬鹿じゃない?」

ってね。

 

そう、、そうやって、なんでもかんでも

やらずに歳だけ重ねてるんです。

 

たのしも!たのしも!!

自分をたのしも!!!

 

損得勘定なんていらなーーい!!

 

楽しんで笑って唄って踊って♬

 

そしたらお肌だってもっと輝く。

 

編集とかできないので合間が長いから

早回しでアップしてます。

 

続きです。

 

 

悩むのも楽しいけれど

 

やっぱり、楽しみたいですよね。

 

ぜひ!ご一緒に!!

心もお肌もたのしみましょ!!

 

店長 映理

 

 

はい。。

おしゃべりえっちゃんチャンネル作ったもんね

げへへ。。

 

 

 

 

 

 

自分大好きというか、どれも自分だった。

Post in in 店長たかぎえりとは。, 自分写真撮影

 

秋の自分写真で、ともちゃんカメラマンが

「えっちゃんも撮る~♡」と

おじゅぼん姿の私も撮ってくれました。

 

 

おじゅぼんえっちゃん。

おじゅぼんえり

う〇こ入ってそうでしょ。

 

後ろの木の幹のもこもこ具合と苔が気に入って

一緒に撮ってもらいました。

 

すごくいい写真だな。と思うんです。

地に足着く

やっと、地に足着いた感がある。

 

春の自分写真の時はこんなんだった。

地に足つけて

この写真は自ら意識を下げようとしている時なのに

どっか、浮いてる感がある。

ふわっふわしちゃってて、体重重くても飛んでいきそ(笑)

 

 

半年の間に何が起こったのか( *´艸`)

 

あんなにコンプレックスだらけで

自己否定が得意だった私が

いまや、

自分大好きって言いますか、

 

どんな自分もえっちゃんだっぺよ。

 

となっていて、今回撮ってくれた写真

ぜぇーーんぶ、

 

さいこーーーー♡♡(^◇^)♡♡

 

えっちゃん、かわいすぎるぅ~♡

と、本気で思ってるから驚いたもんです。

 

自分に酔ってる、

とか

ナルシストの人の事

バカにしてたりしてたんですけどね

 

今となっちゃ、どうしてバカにしてたのか

わけわからないですよ。

 

自分で自分に惚れて

自分が自分を気に入る。

 

これ、称えるとこだった。

 

あはははは(^◇^)

 

 

 

撮られ始めは少し照れてますの。

えっちゃん

やべえぇ。かわいぃ。。

笑ってるし( *´艸`)

 

これなんて

ピアスプレゼント

このピアス買ってもらったんだー♡って

見せびらかせてる時。

 

1年で体重が5㌔増えて

体重5㌔増

腹周り、尻周りが大きくなって

どんだけ醜かったとしても

 

 

きついからってノーブラで

ノーブラ

おっぱいが垂れていようと

 

これがえっちゃん♡

 

 

肩幅広くて

方幅広

背は低いくせに

骨格太っちょでも

 

ほうれい線が下がろうが

おでこのしわ

おでこにシワが寄ろうが

 

老化でエラが下がろうが

あごが発達

 

あごが発達して前に出ようが

骨格たるみ

 

シワを作っていようとも

たるんでも笑う

笑ってんの。

 

 

 

こっち向いてぇ~って

振り向く

呼んでくれる人がいて

 

その人に向かって

椅子に座って

笑顔を返せる。

 

 

それってさ、

 

どれだけ自分の容姿にコンプレックスを抱えようとも

 

ぶっ細工だろうとも、

 

しあわせな時なんだよなぁ・・

寄っかかるえっちゃん

 

 

ずっと、何を見てきたのだろうね。

 

どんな姿であってもさ、

 

気にならなくなったのよね私。

 

おばちゃんだろうがなんだろうが

 

唸って睨もうが

唸り睨む

 

 

頭頂をこすり付けようが

頭頂こする

 

 

えっちゃんって

えっちゃんきれい

きれい。

 

自分で自分をきれいと思えるって

こんなにも楽だったのかと

えっちゃんキレイ

初めて知ったわ。

 

 

誰も言ってくれないのなら

自分で自分に言ったらよかったんだ。

 

だしさ、

ブスでも

いいんでね????

 

になった。

 

ブスって、おもろじゃん!

 

 

どんな自分も自分ではあるのだけれど、

 

ここのとこ

 

自分が自分でなくても良い気もしてきた。

 

だからかな、

 

客観的に少し視れるようになったかな。

 

だから、自分で自分の写真も

抵抗なく

見てもらえるし

 

ともちゃんカメラマンの

素晴らしさも

知ってほしかった。

 

どのメガネを付けてみるかで

映り方もかわるんだね。

初めて知ったわ

たいして可愛くもないからこそ

 

見た目以外のところも

一緒に笑えるようになりたいから

 

これからも、なんやかんや

 

よろしくおねがいします(^◇^)

 

 

店長 映理

 

 

 

 

 

はるちゃんに会ったら自傷行為の意味わかった。

Post in in 店長たかぎえりとは。, 注目人

 

連日続いています

 

 

自分写真と向き合って

 

 

自分の嘘が見えたその後

 

 

「生」子宮委員長はるちゃんとの時間

 

のお話しの続きです。

 

 

生はるちゃんを目の当たりにして

 

深すぎるほどの闇も

 

楽しい・嬉しい・ラッキー・ハッピーと

 

同等だったのだと体感し、

 

そしてどれだけ自分が自分に

嘘をついて

ごまかして来たのかを

知る事ができて

 

 

何十年も苦しめて悩ませていた

私の何かが

確実に変わったというか、

溶けだしたのか。

 

はるちゃんという

「女」って

生き物をここぞとまでに

生きてくれている先人が

いてくれるし

なんだか

やっと、

安心して。

 

 

そしたらもぅ、

平和になるどころか、

 

待ってました!かのように

 

自分の中から

 

益々、汚物がでてくるのーーー!!!

(えっ!でしょ(笑))

 

 

あの人、キモイ。

 

なに、あれ。

 

ばっかじゃない?

 

嘘つき!

 

と、人に対する苛立ちや批判

 

 

寂しい

みにくい

嫉妬

妬み

等の苦しいやつや

 

 

ちょっとぉ!

あたしが一番なの!!

 

どこみてんのよ!

クソやろーー

とか

 

怒りとかさ、

 

もう、もう、

 

環境やら出来事

特に何も起こってもいやしないのに

 

ガンガン!わっせわっせと

出てくる出てくる。

プラス思考になろうとすればするほど

ばかじゃん。ってなって

 

最後には

 

自分サイテーー!!!

なんなの!!!

やだーーー

わーーーー

ぎゃぁーーーー

 

って、すんごいなって

 

 

自分の事

責めまくって

 

自分以外の人や

景色や

過去も環境も

なんもかんも

ぜーーーーんぶ

嫌になって

 

それを、落ち着かせようと

思考が働く自分も

嫌で、腹立って

 

 

誰かに相談とか

馬鹿馬鹿しくてしてられっか!

 

みんな好き勝手言いやがってーーーー

 

って。人のせいにして

 

そしたら、

 

涙ゴォーゴォーでてきて

 

ほんっと、嫌になって

 

涙拭いてたハンドタオルを

雑巾みたいに硬く絞って

自分の首に巻いて

 

ぎゃぁーーーーーって

絞めてやった。

 

そしたら、

 

息できなくて苦しくて

それでも力緩めたくなくて

 

けど苦しいから

腕の力、(当たり前よねw)

抜けてきて、

 

したら

一瞬にして娘二人の顔がでてきて

 

あぁぁぁ

 

タオル、、緩めましたさ。。。。

 

で、

 

心臓の鼓動が

身体全身に波打って

(持久走大会以来の心臓音)

 

呼吸は荒いけど

なんかさ、

 

あれ??

生きてるし。。

 

って、なって。

 

で、

 

少ーーしだけ冷静になって

 

「やばくね?」と

嫌っていた思考が動いて

(思考は自分を守ってくれてるんだと知る)

 

頑張って、心友にラインして

自分の行動を知ってもらって

 

そんなんやってたら

力尽きたのだろうね。

 

 

気づいたら朝。

 

 

心地よい5月の朝陽が部屋中に降り注いでて

 

あぁ~

気持いぃお天気~

 

って目が覚めて

 

そこでまた

 

「?????」

 

生きてるし。。。

 

「やばくね?」

 

「自傷行為したよね??」

 

「精神病かっ???」

 

「またやらないように

チャックに連絡しとこ」

 

と連絡して。

 

頑張ってラインしてる途中で

またもや力尽きたらしく

爆睡。

 

さすがに2日間動けませんでした。

 

ずっと寝床。

 

 

で、思考も身体も力出し切ったら

見えたんです。

 

 

「やっと、自分の苦しみ包み隠さず

自分で見てあげられたね♡」

 

 

って。

 

 

ずっと小さい頃から蓋してた感情やら

なんやら、

 

あれ、あって良かったんだよね。

 

あれも、愛だったのにね。

 

自分で自分の首絞めたことが

自傷行為だとするのなら

 

あたし、

 

自分の闇みたいなのに

蓋をし始めた時から

 

ずぅーーーーーーっと、

毎日、自傷行為してたね。

 

と知った。

 

 

自分の首絞めたのは肉体に対して起こしたこと。

(本気で自殺しようとしたらもっと

違う方法するよね)

 

でも、ずっと、

 

自分の存在や感情を無視し続け

 

自分の本音を隠し続け

 

「無視」という、自傷を

 

やり続けていたんだと知った。

 

こころ、感情って見えないから

 

痛くないみたいだけど

 

首絞めた後みたいに

 

首の痛みも腕の痛みもないから

わからないのだけど

 

見えないからこそ、

 

やり続けて

 

知らんぷりして

 

自傷してた。

 

 

躁うつ病とかなんとか疾患とか

精神病なんちゃらとか

みんな、好きな事乱用するけど

 

病院いったら先生は病名つけてくれるの

だろうけど、そしてそれを信じて

薬のんで、益々自分自傷する人

私のお客様でもお友達でも知り合いでも

いるんですよ。けど見てて

それ、違うって思ってた。

 

自分から溢れる感情や感覚に

嘘をし続け、

無視し続け、

 

誰かの都合で創り上げられて

教え込まれた勝手な

常識にそぐわないと自分はダメだと

違う人になろうとしまくって。

 

あれれれれれれれ・・・・・

 

それぞ、自傷行為だと

 

私は思いました。

 

 

そして、自分の手で自分の首を絞めてみて

 

自分の溢れ出る嫌な感情をも

自分の愛する一部なんだと

 

魂なのか、身体なのか、子宮なのか、

あたし、わからないけど

 

ずっと、得体のしれない苦しみが

 

溶けて

解けて

 

楽になりました。

 

性格悪いんですよ。自分(^◇^)

なんもできないんっすよ。自分(^◇^)

 

そんな自分がおもろになれました。

 

 

何言いたいのかわからなくなった。

 

 

もう、2週間前の出来事で、

その日から現在、

 

今までのような感覚が

いない?のか?

浄化されたのか、

上手い言葉みつからないけど

 

やけに、落ち着きましたので

思い出せないの。

 

あの、毎日自分を責めまくってた

心の自傷行為がどんなんだったか

もう、忘れちった。

 

 

なにを伝えたいかと言いますと。

 

 

自分の魂から溢れてくる

欲望。

 

失敗・妬み・マイナス・苦しみ

とかとかあるじゃん。

 

上手くいかない事。

 

それも、

 

ずっと憧れて欲しかった

 

幸せと愛の一部だったのでした。

 

 

どんな感情や思考が働いてもさ、

いいのよね。

 

言霊ってあると思う。

 

けど、自分の本音に嘘ついて蓋して

プラスの言葉を言い続けても

プラスにはならないって、

その真逆が起こってた。

 

 

誰かが楽しそうに

願い叶えていて

嫉妬したくなったら

してあげてね。

 

願いを叶えたり

輝いたりすることだけが

しあわせでうまくいってる事ではない。

 

どっちもある。

 

あたし、やっと、ここまで

安心して堕ちれた。

 

 

幸せだから堕ちれたのだわよ。

 

 

だからこそ、

 

女性一人一人の歓びを

 

共有したいな。

 

それを仕事にも繋げていけるんだって

思い出せました。

 

 

はるちゃん。ありがと。

はるちゃんえっちゃん

 

女の

自分の欲望を

どんどん

楽しんでいこ。

 

 

 

 

 

「生」♡子宮委員長はるちゃんとの時間

Post in in 店長たかぎえりとは。, 注目人

 

前回ブログ自分の嘘が見えたその後

のつづきです。

 

 

子宮委員長はるちゃんに会いに行きました。

子宮委員長はるさん

 

私の今回の目的は

飾り付けない

素の

ドロドロの闇のまんまの

自分の姿ではるちゃんに会う。

 

でしたので、逆に、あれこれ

考えず、向かいました。

(おかげで降りる駅を間違えました)

 

生はるちゃんはかわいいのは知ってました。

 

すごく女性なんです。

めっちゃ、かわいい♡

 

と、同様に

 

すごく男性的でもありました。

男前なんすよ。

 

ビシッ!!と

女性性と男性性の

両方が立ってらっしゃる。

 

だからか

 

初っ端から

涙がでちゃった私だったんです。

 

なんせ、出掛ける5分前に

娘に怒鳴り散らして

大喧嘩して殴り飛ばしたんですよ。

 

なんていうのか、

はるちゃんのその、

存在感?

 

ただ、そこに居る。

全てをそのまんま

受け入れ

受け止めて

ジャッシしてなくて

 

女性性も男性性も一緒になった

安定感にすぐにやられてしまったらしく

自分の感情やらに嘘がつけない。

ごまかせない私がいました。。

 

 

で、:

「何が聞きたいですか?」

 

みたいなこと聞かれた気がする。

 

 

で、溜まりきった

蛇口が壊れて噴き出した勢いで

 

私:

「自分の喜怒哀楽の激しさがぁーーーーー

むっきぃーーーーー!!!

自分でもなんでこうなのかわからないんですーー!!!

病気かと思うんですよ!

ぐわぐわぐわぁーーーーー!!!

( ゚Д゚)㌦ァ!!」

 

とすごい勢いで

でも

数口しゃべったら

 

はるちゃん:

 

「それ、普通でしょ。

みんな病気よ。

あたしも病気♡」

 

って・・・・・

 

なんかね、この、文字にして言葉にすると

良く知ってる言葉なんだけど

 

生はるちゃんの発するエネルギーと

その存在感が

「ですね・・」

 

ってなって。

 

でも私:

「生理が終わったらこの感情の起伏は

治まるのかなぁ」

 

聞いたら

 

はるちゃん:

 

「へっ? (・o・)

 

一生!!(๑ơ ₃ ơ)♥」

 

って。。。

 

「生理が終わっても女は女です。

宇宙が動いて月の満ち引きがあるでしょ。

それとおなじ。」

 

ふっつーーーに話してくれて

 

あたし:

「ですね・・・」

 

で終わる。

 

 

それでも私、なにかを話してたら

 

はるちゃん:

 

「・・・もうさ、、

 

全身 ま☆こ、、

 

全身!!ま☆こ!!!」

 

って言う。

 

 

あたし:

 

「あはははははは!笑ꉂꉂ😆」

 

爆笑するが

 

 

はるちゃん:

 

「全身ま☆こなんだもん」

 

 

って。

 

 

はるちゃんは今、御まん託との

性☆器霊視をしていらして、

 

あ?

これ、御まん託だよな。

とすぐ分かって、

 

だからこそ

 

「ま☆こ」

 

の意味が逆に分からなくなった私。

 

膣の事?子宮の事?

あれ??

なんだっけ???

 

ってなった程。

 

もぉ。。強烈。。

(๑°ㅁ°๑)‼✧

 

喜怒哀楽

嫉妬

欲望

なに?なんか、感情全部?

 

わからないけど、

やけに納得で

腑に落ちてしまい。。

 

 

そして

自分という

生き物に

正直に向き合う

はるちゃんに言われたら

 

 

降参できた。

 

認めます。

 

になった。

 

(これがすごいところ。

はるちゃんに降参したんではないのですよ。

自分に降参できたんです)

 

 

その後、

 

独占欲のお話しや

 

貢ぐお話し

 

子育てのお話しや

 

稼ぐ話もしてくれて

(このお話しもすごい。

公表していいのかな…

多分大丈夫ね)

 

 

はるちゃんが体験したお話しを

「生」できくと

 

あのね、

 

すごい。

 

これ、言葉では伝えられない。

 

 

本やブログやらの文章でも

沢山のエネルギーって感じられるんですよ。

 

確かに感じられるんです。

 

で、あっ!そっか!!ってなるし

楽しいんですよ。

 

けどね、

 

「生」の、エネルギーに触れながらの

お話しって、

 

なんて説明したらいーのだろうか。

 

思考でなくて

 

肚に落ちるの。

 

凄い勢いで腑に落ちる。

 

あれだけ悩みまくってたのに

あっという間。

 

はるちゃんが体験談話してくれる姿を

見ると、

はるちゃん、その体験の時感じた

まま、伝えてくれるから

すごくリアルで

めっちゃ、伝わってくる。

 

あーーー

説明できない。。。。

 

 

はるちゃんから見えた

私の特性も

伝えてくれて

 

自分的には真逆と思っていたから

びっくりしたり

ホッとしたり。

 

 

60分っていうけどね、

 

もう、盛りだくさんでしたのですよ。

 

すごいエネルギー交換だったと

感じます。

 

いつもは、もっともっと!

と欲張る私なのですが

 

満足っていうかね、

 

 

満たされた。

 

というか、

このまんま

 

そのまんま

 

で、良いって

 

私が小さな時からずっと

蓋していた

ドロドロの汚物と思っていたもの

 

それも愛なんだと、

 

この、大切すぎること

 

体感させてもらえて。

 

 

 

はるちゃん、言ってました。

 

お話ししながらはるちゃん通じて

お祓いしてるって。

 

はい。

 

お祓い、してもらいました。

そう感じます。

 

 

だってさ、

 

 

 

あたし、

 

この、わけのわからない

喜怒哀楽の感情の起伏の激しい

自分大っ嫌いだけど

大っ好きな自分の

本当の声と望みが

 

はるちゃんにあった6日後に

 

自分の何十年もリピートしてきた

ドロドロの闇を

益々腑に落とせることができたのですから・・・

 

 

続く。

 

 

 

 

自分の嘘が見えたその後

Post in in 子宮とお肌, 店長たかぎえりとは。, 注目人, 自分写真撮影

 

前回ブログ

 

自分写真と向き合ってのつづきです。

映理自分写真

この写真の笑顔みて

自分の嘘が見えたんですよね。

 

 

小さい頃から幸せやラッキーに

憧れていたし

欲しくて求めてたんですよ。

 

その反面、自分の中から溢れてくる

 

生生しい欲望があって

 

ドロドロした闇の暗さもあって

 

 

その欲望の赴くままに

行動したり

表現してみたら

 

 

親が近所の人に頭下げてたり

友達に嫌な顔されたりと

 

あれ??ってな経験が増えた途端

 

 

自己否定って世界が

大きく広がり

 

心が痛くて苦しくなって

 

その痛みと苦しみから逃れようと

蓋しまくったんですよね。

 

でも、蓋しても

漏れてくるんですよ。

 

 

何度も何度も漏れてくるもんだから

出てくる度に

また蓋をする。

 

その痛みと苦しみと欲望を

ダメなものと定義して

削除する。

 

変更する。

 

という作業をし続けたんです。

 

蓋をして隠してるわけなので

無くなってはおらず、

変更もされていない為

モヤモヤばかりが加速して

それをまた、改善しようと

 

本を読みあさったり、

勇気を出して友達に話てみたり

すればするほど

痛みも苦しみも増えていって

解決できないもんだから

嫌になって

そこにまた

 

蓋をする。

 

ずっと、、、

 

蓋をすること

 

リピートリピート

何10年もリピート。

日々リピート。。

 

で、楽しい嬉しいラッキーハッピー

成功人気

 

とか、いい人とか、なんか、

そんなのになりたくて

 

いや、ならなくちゃって

ある意味強迫観念。

 

もうさ、そりゃさ、

 

一生懸命頑張ったんですよ。

これでも。

 

常識として良いとされる

一つの道だけ見ようってさ、

努力しまくったんですよ。

普通になりたかったんですよ。

 

そしたらそれなりに

結果がでる体験をしたんですよね。

 

 

幸せ感じる時間が増えた。

 

 

けども、小さな時から蓋をした

苦しみ痛み

欲望

暗くてドロドロした世界は

どんどん

出てきちゃうわけでして、

 

心の勉強したって

コンサル受けて

カウンセラーにお世話になって

スピの世界や

神様の世界なんかも

かじってさ、

今興味があって

出来る事をしてみたんですよ。

 

それはそれで世界が広がって

楽しいんです。

 

お客様にもお話しできる

ネタも増えるし

 

喜んでも、もらえるし。

 

 

けどね、どうしたって、

出てくる闇があって。

 

素粒子やビックバンやらの

科学的なからくりを知ったからって

出てくるの。

あちきの、ドロドロの汚物が。。

 

思考や知識でなんとかなんてなりゃしなくて

感じまくっても

感じまくってもおさまらない。

 

 

もうさ、なんなんだよ。

どーすりゃいーんだよ。

 

って、自分が自分を嫌になって

どんどん

めんどくさくなる。

 

けど、また、でてくるんだもん。

もう、たまらんよ。

あたしゃ、精神病だよな。

とかさ、

 

でも、いろんな感情あるのが

人間でないの?

とかさ、

 

で、

 

だれか、この、私のこの

気持ち、わかってーって

魂から叫びまくってたらですよ

 

 

そのドロドロと苦しい世界感を

おもいっきり、表現している人を

見つけたんですよね。

 

 

発見した時はそりゃ、

衝撃でしたし、

魂が震えましたよ。

 

はい。

 

 

そのお方がこちら。

 

 

 

「子宮委員長はるさま」

子宮委員長はるさん

 

 

何度か私のブログにも登場してもらっております

はるちゃんです。

 

はるちゃんって、可愛いでしょ♡

きれい。

学歴もあるはず。

 

なのに、風俗業してた過去あって、

あやこや、沢山あって、

今じゃ、その私が教わってきた

 

女性としてのタブーと思い込んでいた世界。

欲望まみれの欲求の世界やらを

 

やってのけてて

 

それ、体当たりで表現してくれて

公表してる。

 

女として

いや、

人として

 

感じる事、望むことを

 

常識の世界ではなく

 

自分の声としてみつめ

それを体現して

メソットを創り上げて

私たち女性に伝えてくれて

生きてる。

 

 

正直、

 

驚く。

 

 

何が驚くってさ

 

はるちゃんがやってること、

感じてること、

 

実は、私も望んでいるし

感じていることだからであります。

 

(沢山ありすぎるから興味ある方は

はるちゃんブログや書籍を読んでみてね)

 

 

ほんと、あたし、

 

もうこれ以上、自分の闇だかに

蓋をするのは、無理だ。

 

ってなって、溺れまくって、

 

はるちゃんならきっと、

私のこの、訳の分からない

ドロドロを知っていてくれるはずだから

 

会いに行こう。

 

もう、会おう。

会いたい!

会わせて!!って願った。

 

 

ブログや本などで

知識は沢山溢れてる現在。

 

表現方法は違えども、

同じ事を

多くの人が伝えてくれてるけど

 

でも、

できないんだよ。

それ。

 

だから、その、それを

やってる人のエネルギーに触れてみたい。

 

目の前で感じてみたい。

 

って、思った。

 

しかも、

私にだけ、

ほんの少しでもいいから、

時間をわけてもらいたい。

って願った。

 

 

私は昔から自分の女性性を閉じていたので

一般的な女子的な発想やらを知らなくて

 

お仕事で沢山の女性に関わることもあり

 

女子って何を求めて

何をどう感じているのかを知りたいって

理由もあって

(これ、所詮言い訳だけど本音は私が望んでたんだよね。)

はるちゃんのファンクラブに半年前から

入会してるんです。

 

そこで、はるちゃん個人コンサルがあるって

知って、やった!!すごいタイミング!!

って喜んで、

価格みたら

 

60分10万円

って。

 

それ見た時

 

「ふざけるな」

 

って思ったんですよ。私。

 

で、モヤモヤモヤモヤし始めるんです。

 

半日モヤついてたかな。

 

私に60分はるちゃんが向かい合ってくれるんですよ。

これ、望んでいたのに

価格で、凹んだんですよね。

凹んだし、ふざけるなってさ・・・

あたし、自分で驚いた。

 

で、自分の本音を知るんです。

無視し続けてきた本音はこうでした。

 

「10万円払えないの?

ふざけるなって、自分に言ってない?

自分も60分10万円頂ける女・人に

なりたいって思ってんじゃん。

羨ましいんじゃん。

どこで60分10万が高いとか安いとか

お得とか、わけわからん価値観拾った?

もう、辞めたいその思い込み」

 

って思ったんです。

「コーチング価格みてごらんよ。

どんだけよ。

これ、法人契約したらどれだけの

金額かかると思ってんの?

大企業や優秀な人材だったら

コーチングコンサルで

何十万も払うのに、

どうして個人だと高いとか

なんだとか、あーーーー

 

ばかぁーーーーーーーー!!!!!」

 

って、なったんです。

価値観ぶっ壊してもらえたんです。

 

 

だから、申し込んだんです。

 

この、自分が会いたいと思い

その自分が望む事を叶えてもあげられないのに

 

自分をも喜ばせられないのに

 

どうやって、お客様を喜ばせようと

しようとしてんの???

 

って、自分自身に冷めたんですよね。

 

だから、申し込んだんです。

 

で、行ってきたんです。

 

はるちゃん個人コンサルに。

 

自分で貯めたうれしいお金を

自分に使ったんです。

 

つづく。

 

 

 

 

自分写真と向き合って。

Post in in 店長うんちく, 店長たかぎえりとは。, 自分写真撮影

お顔そりを通して

 

お客様の

お肌と1人の女性として

 

私なりに向き合ってきたこの6年間。

 

ともちゃんカメラマンに出逢えたおかげで

 

写真という形でお客様の輝きを

 

強く、深く、魅させてもらえて

 

より、東京すがお店長映理との存在を

 

自分でみつめられる機会にも恵まれています。

 

 

仕事。

 

お金を頂く。

 

結果を出す。

 

って、私にとって、答えがない世界です。

 

沢山の先人が技術や商売や人との付き合い方

 

自分との向き合い方を

 

伝授してくれるのですが

 

だからこそ、私も学んでいるのですが

 

今回、私なりに自分の答えが見えてきました。

 

 

ともちゃんカメラマンが最後に

「えっちゃんも撮らせてね♡」

って、撮ってくれたんです。

 

 

えっちゃん

 

いい写真です。

 

嘘笑い

 

すてきな色味です。

 

闇とえり

 

この

 

頭ばかり

 

数枚の写真を

その場で見せてもらって

 

 

写っている自分を見て感じたんです。

 

 

「この子、変わってる」

 

 

そして、みえたんです。

 

 

この笑顔は

 

 

「泣き笑顔」

 

 

 

意識が頭に行き過ぎて

バランス崩してる。

 

地に足つけないと。

 

って。

 

 

なにか、この変わった子は

 

なにか、違う子になろうとしてる。

 

って。

 

だから、わざと、暗い地に移動して

 

身体を、地面につけました。

 

 

応急処置です。

地に足つけて

 

まだ足らず

 

さまよう

 

彷徨う。

 

 

カラスちゃんに

 

からすとおしゃべり

 

 

呼ばれて

 

 

カラスちゃんからの

教わる

 

 

メッセージ。

 

 

この時は

 

 

教えてくれた

 

 

気づけなかった。

 

 

私には、

 

どうしても見つけたい事があって

 

ずっと、

 

探していることがあって

 

 

 

苦しんでいました。

探す。

 

 

 

自分の中での大事件を起こして

4日経過中の今。

 

みなさんにも聞いてもらいたくて

書こうとするんだけど、

まだ、まとまらない。

 

もう少し腑に落ちたら書いてみます。

 

 

さきにあの時教えてくれた

カラスちゃんからのメッセージはこうでした。

 

 

 

 

暗闇に入る勇気をくれたんです。

 

虚無って感じです。

宇宙のブラックホール的な。

 

こう言葉にすると、

めっちゃ、暗くて怖いよねぇ。。

 

えぇ。。

あたくしも、実に恐怖でいっぱいでしたよ。。

踏み入れたくないけど

見てみたい!

知りたいんだよぉーー!!

な部分。

 

 

内と外の世界をしっかり見て!

 

光と影をひとつにしてみてごらん!

 

 

と。

 

なぁーーーー。。。

 

時間を超越させて過去も現在も未来をも

一緒に見る。

 

こんな、

 

なんか、グログロな

ゲロゲロな

 

おそぎゃーーの事に

 

よく立ち向かえたと思う。

 

それには、やはり、

 

先人がいたのですよ。

もう、やっているお方が

多くいらっしゃるのですよ。

 

 

人は、人に、会うべきですね。

 

交流するべきですね。

 

 

つづく。

 

 

 

店長たかぎえりとは。

Post in in 店長たかぎえりとは。

東京すがおの「いろはにほへと」

 

②店長たかぎえりとは・・(1)理容師になったワケ

 

 

25歳で押し掛け女房結婚。

(理容室経営理美容技術者の夫)

26歳で第1子長女出産

のどかな専業主婦生活を送り

29歳で第2子次女出産。

これまたドラマチックな出産となり

 

あやこやしてるうちに36歳。

 

すったもんだあり、夫が経営する理容室のお手伝いをするようになる。

 

夫の技術力と細やかさ

チャックの仕事の楽しみ方を

日々目の当たりにし、

 

「もしや、、あたちにもできるかも?やらんばならん??」

 

と、理容師になると肚をくくり

3年かけて国家資格である理容免許を取得。

 

36才からの出発ですよ。

そう簡単に技術を取得してカットをするのは

夫である社長とチャックをみていたらすぐに、

こりゃ、無理だよな。。になりました。

 

で、なぜでしょうかねw

大先輩で尊敬もしているのに!

夫に技術を教わると、なぜだか腹が立つ。

 

今後ずっと一緒にお店をやろうとしているのに

毎日苛々しては、つまらないよな。。

なんかないかな。。と

 

アンテナビンビンに張りまして

これだっ!!と、なったのが、

 

カミソリだけを活用したお顔そり

(そもそもカット技術はもう、素晴らしい職人さん沢山ですもん)

 

そしてそして、男性のお髭ちゃんではなくて、

美しい女性だけにやりたい!!!

 

そしたら夫も入ってこれないし!!

 

って(*^_^*)閃いた。

 

で、当時はまだまだ女性お顔そりが今のように主流ではなく

女性だけのお顔そりのお客様だけで

生計を立てるなんて無理なんでは??

って、風潮だったんですよ。

 

けど、あたしゃ、決めたんだ。

女性だけ、お顔そりで、私一人で売上あげてみませます!!

 

ってタンカきっちゃったの。。

 

だから、やるしかなくて、始めたんです。

 

その時私、39才かな。もう、40才まじか。

40才からさ、子育てもしながら技術も学んで

お客様に来てもらえる方法も勉強して、って。

サラリーマン家庭でで育った私には未知の世界。

そりゃ、大変でした。

 

お客様目の前にして何度も何度も手が震えて

それがわからないように必死で戦ってました。

 

女性お顔そり専門店でも生計立てていけるんだよ。

と、実績だしているサロンさんと出会うことができて

そのサロンさんと仲良くしてもらって沢山を学ばせてもらいました。

 

40才からの理容師技術者。

右も左もわからない。

だからこそ、自分が感じる、こんなお店があったら

いいよな。って感覚で展開していきました。

 

 

ようは、

 

たかぎえりって、お顔そり専門店を立ち上げたはいいけれど、

免許取得しただけで、ほぼ、ど素人のどんくさい人だったわけ。

 

その、どんくさいたかぎえりでもやれるんだ!

と、冒険と挑戦がはじまるんです。

 

(2)につづく・・・

 

店長たかぎえり

雪に振られても今じゃ、

楽しみ事に重きを置きながら

怒ったり泣いたりしているたかぎえりです。

 

人なの。これでも。

だから笑うし泣くし怒るしいじけるし

喜ぶし幸せになりたいと望む生き物です。